ハッピーメールでセフレを作るには?コツや攻略法を解説

オーガニック 1 ハッピーメールゆきぽよ

※本ページにはPR(プロモーション)を含みます。

新たな出会いを探すときに利用したい出会い系アプリ。

出会い系アプリの中でも大手で安心して使えるサービスがハッピーメールです。

大手であることはよく知られていますが、セフレを探しやすいサービスであることはあまり知られていません。今回は、ハッピーメールでセフレを作る方法やコツ、攻略法について解説します。

目次

ハッピーメールはセフレ作りにおすすめの出会い系

結論ですが、ハッピーメールはセフレ作りにおすすめの出会い系サービスです。その理由は以下の通りです。

1つずつみてみましょう。

会員数が業界最大級だから出会いやすい

ハッピーメール会員数
ハッピーメール公式サイトより

ハッピーメールは累計会員数が3,000万人を突破している、会員数だけでもみても国内最大級のマッチング・出会い系サービスです。

出会いを探すサービスは「どれだけ会員がいるのか」が目当ての人に出会えるかどうかの1つの基準になります。

会員数が多ければ多いほど目当ての女性がいる可能性も高いため、数ある出会い系サービスの中でもハッピーメールは出会いやすいといえるのです。

運営歴の長いサービスだから安心

ハッピーメールは2000年からサービスが運営されており、20年以上の長い運営歴があるサービスといえます。

スマートフォンが普及し、マッチングアプリのサービスが複数登場しましたが20年以上の運営歴があるサービスはほとんどありません。

運営歴が長いということは、それだけ多くの方に利用され、トラブルも少ないということの表れですので、安心して利用することができるでしょう。

女性の年齢層が低い

ハッピーメールの利用者層
ハッピーメール公式サイトより

ハッピーメールは、男性は様々な年齢層の利用者がいますが、女性の年齢層は20代が半数を占めるなど偏りが見られます。

多くの男性は若い女性の方が好みなことが多いですし、女性は年上で落ち着いている男性が好みな方が多いため、マッチングしやすいポイントといえます。

また、若い女性は結婚を焦らないことが多く、いきなり結婚を迫られるような関係性になりにくいためセフレを探すサービスとして合っています。

コスパが良い

無料ポイント
ハッピーメール公式サイトより

ハッピーメールは、出会い系サービスの多くで有料になっている「プロフィール閲覧」が無料です。また、メッセージも1通50円程度でやりとりできることも、他の出会い系サービスと比較しても安いです。

セフレを探すためには、プロフィールをたくさん閲覧し、メッセージをたくさん送る必要があるため、非常にコストパフォーマンスが良く、セフレを作りやすいサービスといえます。

初回登録で1,200円分のポイントが無料にもらえる点も非常に良い点でしょう。

ハッピーメールでセフレを作るコツとポイント

ハッピーメールでセフレを作るためには、コツやポイントがあります。

セックスするまでの流れの中での各ポイントを紹介します。

セフレ候補を探すポイント

ハッピーメールを使ってセフレを作るためには、まず「セフレ候補」となる女性を探し出す必要があります。

女性を探す方法としては以下の2つが挙げられます。

詳しくみていきます。

プロフ検索で探す(おすすめ)

プロフ検索する

女性を探す方法の王道は、プロフ検索です。

プロフ検索機能は、女性が記載しているプロフィールの項目の中から、自身が探したい選択肢で記載している女性を探せる機能です。

年齢や居住地などの一般的な情報から、身長や体型、「どんな出会いを求めているか」まで細かく設定可能です。

体型を選べることは、特にセフレ探しをメインとする場合には重要になるでしょう。

掲示板で探す

掲示板で探す

ハッピーメールには、「ピュア掲示板」と「その他掲示板」の2種類の掲示板が存在しています。

ハッピーメールの掲示板では、「こんな人募集しています!」ということを投稿し、男性なら女性を、女性なら男性を募集できる機能です。

掲示板の投稿は、探しているエリアや目的などを絞って書き込んでいる人を探すことができるため、セフレ探しにも役立ちます。

ただし、「その他掲示板」はアダルトな目的が中心となっており、利用者のほとんどが業者であるため、「ピュア掲示板」で探す方が結果的にセフレをゲットする効率が良いため、「ピュア掲示板」で女性を探すようにしましょう。

プロフィール作成のポイント

ハッピーメールで女性と出会うには、女性を探すだけでなく、男性側も「選んでもらえる」ための活動をする必要があります。

その中で最も大切なのがプロフィールの作成です。ポイントは以下が重要です。

1つずつみていきます。

写真はできれば他撮り&屋外

プロフィールで最も目を引く項目は写真です。

身バレ防止のために写真を掲載しない男性も多いため、写真が設定されているだけでも女性からの印象は良くなります。

また、どんな写真を設定するのかも重要です。

年齢を重ねた男性はなぜか「自撮り」の画像を設定しがちですが、「男性の自撮り画像」は女性に良い印象を与えないこともあります。※動画内でもほのかさんが男性の自撮りについて語っています。

そのため、友人などに撮影してもらった「他撮り」の写真を設定すると良いでしょう。また、屋外で撮影した自然光の中で写っている写真は顔が自然と明るく写るため、より良い印象を与えます。

他撮り+屋外の写真を選んで設定するとセフレゲットの確率が上がります。

プロフィール項目はできるだけ埋める

男性が女性をプロフィールで検索するように、女性も男性をプロフィールの項目で検索します。

そのため、プロフィールの項目はできるだけ埋めるようにすると検索に引っかかりやすくなるため、出会いやすくなります。

また、プロフィールが埋まっておらず、どんな人間かわからない男性よりもある程度どんな人かわかったほうが女性もメッセージの返信をしやすいです。

メッセージのやりとりが始まらなければセフレになってくれることはありませんので、メッセージが始まる確率を高めるためにもプロフィールの項目はできるだけ埋めるようにしましょう。

エロいことは直接は書かない

セフレを探すという目的でハッピーメールを利用すると、プロフィールにもエロいことを書いてしまう人が多いのですが、これはやめた方が良いです。

エロをプロフィールに書いてしまうと適切な相手を見つけるための信頼性を損なってしまうことや、そもそもアプリの利用規約に違反してしまう可能性があることが理由です。

利用規約に違反している場合には課金したお金を使い切る前にアカウントを停止される可能性があり、場合によってはお金が戻ってこない可能性があります。

また、相手に対するリスペクトを欠いている場合には、やりとりができる女性の数が少なくなる可能性が高く、結果的にセフレゲットの確率が下がってしまうのです。

やりとりでのポイント

やりとりでのポイント

ハッピーメールでセフレを探す際でのやりとりのポイントについて解説します。

自然なやりとりを心がける

初めてのメッセージやチャットであっても、自然なやりとりを心がけることが大切です。

無理にセクシャルな内容やエロに関連する言葉を使う必要はありません。

相手との共通の興味や趣味、日常の話題について会話を進めることで、お互いの関心を引き、自然なつながりを築くことができます。

自然なつながりを築くことで、その先の関係に発展しやすくなります。

デートの約束ができるタイミングでLINEを伝える

ハッピーメール上でのメッセージのやりとりが一定の進展を見せ、お互いに興味を持っていることがわかった場合、デートの約束ができるタイミングでLINEなどの別のメッセージアプリに移行することを検討しましょう。

仲良くなっていないタイミングでLINEを聞いても、教えてくれないことが多いですが、会う約束ができる状態であれば、「当日待ち合わせの時に便利だから」という聞く理由ができるので、LINEゲットの確率が高くなります。

デートのポイント

デートのポイント

さて、セフレをゲットするとしてもデートを行う必要があります。

これらのポイントを1つずつみていきます。

隣に座れるお店がポイント

デートの際、隣に座れるお店を選ぶことは、親密さを高めるためのポイントです。

カフェやレストランで、並んで座ることができる席を予約することで、お互いの距離感を近づけることができます。

ただし、相手が快適に感じられる場所を選ぶことも重要です。相手が居心地の悪さを感じるような状況にはならないようにどんな店が好きなのかは事前にメッセージのやりとりで聞いておくようにしましょう。

女性扱いを徹底する

デート中、女性を大切に扱うことは非常に重要です。セフレ候補といっても女性としてある程度大切にされなければ、女性は身体の関係になってくれません。

紳士的な態度や思いやりを示すことで、相手に好印象を与えることができます。ドアの開け閉めや席への案内、お会計時の支払いなど、細かな気遣いを忘れずに行いましょう。

ただし、彼女とは違うため過剰なレディーファーストはなしで良いでしょう。

初回からホテルに誘ってみる

初回のデートでホテルに誘うことは、相手によっては不適切な行動と受け取られる可能性があります。

セフレ関係を築くには、お互いの関係が進展し、相手がそのような提案に快諾する可能性がある段階でなければ避けるべきです。

しかし、セフレをゲットする効率を考えれば、会えた女性には積極的にアプローチすると良いでしょう。

相手がホテルへの誘いをOKしてくれるように、相手の快適さや安心感を重視し、自然な流れに任せることが大切です。

アフターフォロー&次回の約束を早めにする

デート後は、アフターフォローと次回のデートの約束を早めにすることが重要です。

感謝のメッセージやデートの楽しさについての会話を通じて、相手に興味を持ち続けていることを示しましょう。

特に初回でホテルに行った場合には1つの「ゴール」を達成した状態であるため、女性からも「その後関係を続けてもらえるのか」を心配する状況です。

そのため、次回のデートの約束を早めにすることで、継続的なセフレ関係に進展させる機会を作ることができます。

ハッピーメールではサクラや業者に注意

ハッピーメールではサクラや業者に注意

悲しい話ですが、ハッピーメールでセフレを作ることが可能なのですがサクラや業者が多く登録しているのも事実です。

そのため以下のポイントに注意しましょう。

1つずつみていきます。

女性側からのアプローチはほぼ業者orサクラ

ハッピーメールに登録すると、プロフィールもほとんど登録していない状態でもメッセージが届くことがあります。

こうした男性側がほとんど情報を公開していない状態でメッセージを送ってくる人は100%業者かサクラです。

プロフィールを登録した後も、女性からアプローチしてくる人のほとんどは業者かサクラになります。

そのため、自分からメッセージを送ってもいないのにメッセージを送ってきた女性アカウントはサクラか業者であると考えると良いでしょう。

長文のメッセージは業者の可能性が高い

業者のアカウントは、最終的には自分たちが売りたい商材やアプリ、サービスなどに誘導することが目的です。

そのため、会話のラリーを続けて自分の情報を出すのではなく、聞いてもいないのにとても長い自己紹介や現状の情報を提供してくることが多いです。

1通目で自己紹介や登録の背景を伝えておけば、2,3通目にはもう自分の紹介したいサービスの紹介ができるためです。

そのため、不自然に1通目のメッセージが長い場合には業者を疑うと良いでしょう。

いきなりアダルトな会話をしてくる女性は業者の可能性が高い

メッセージの1通目からアダルトな会話をしてくる女性ユーザーがいますが、こちらも業者の可能性が高いです。

アダルトな内容をやりとりしてから実際に会うことは女性側にとってリスクが大きいため、女性が1通目から見ず知らずの男性にエロな話をすることはほぼありません。

それでありながらも1通目からこういった話をしてくるのは、自分が売りたい何かを売り込むためです。1通目からアダルトな会話に持ち込もうとする女性は業者であるため、とりあえず無視するようにしましょう。

会うつもりのない会話を繰り返すのはサクラの可能性が高い

出会い系アプリは、1通あたりのメッセージでいくらかのポイントを消費するため、数十通メッセージのやりとりをしても会う気もなさそうな女性は、サクラの可能性が高いでしょう。

ハッピーメールではほとんどサクラがいないため安心ですが、サクラに捕まると少しずつメッセージ用のポイント(お金)を消費させられてしまうので、注意が必要です。

最初のメッセージで連絡先を送ってくるのは99.9%業者

ハッピーメールでは、1通目からメールアドレスやLINEのIDを公開して「こっちで連絡してね」としてくる女性は99.9%業者ですので無視するようにしましょう。

このパターンの場合は、パパ活や売春を勧めてくるような違法風俗業者で会ったり、別のアプリでの連絡を促してそちらのアプリに課金させる業者が多いです。

一般的に、1通目から連絡先を教えてやりとりをするメリットは女性には全くありません。

しかし、それをやってくるということは業者であると考えると良いでしょう。

ハッピーメールでセフレにしやすい女性の特徴

ハッピーメールでセフレにしやすい女性の特徴

さて、ハッピーメールを利用してセフレを作るためには、「セフレにしやすい女性」を狙うことが最も効率的です。

ハッピーメールを利用している女性で、セフレにしやすい人には以下のような特徴があります。

1つずつ解説します。

当日の出会いを探している

セックスをOKしやすい女性として、ガードが緩いという特徴が挙げられます。

ハッピーメール上で当日の出会いを探している女性は、男性への安全確認はざっくりで会おうとしているといえるため、ガードが緩めであるといえるのです。

ハッピーメールでは「遊びたい掲示板」と呼ばれる、その日のうちに遊べる人を募集する掲示板があり、そこに書き込んでいる女性は当日の出会いを探しているため、ガードの緩めな女性を効率的に探し出すことができます。

日記を高頻度で投稿している

高頻度でブログを更新したり、SNS投稿をしたりしている女性は、自己顕示欲や承認欲求が高く、満たされない気持ちを抱えていることが多いです。

自己顕示欲や承認欲求が満たされていないため、男性に会って可愛がってもらったり、女性として扱われることで満たされようとする女性が多いです。

そうした欲求を満たすためにセックスをするという女性も少なくないため、手っ取り早くセックスしたい場合には、こうした女性を狙ってみると良いでしょう。

一般的なSNSやブログだと、出会うまでに相当なハードルがありますが、ハッピーメールはもともと出会いを探しているサービスです。そして、ハッピーメールの中には日記機能がありますので、日記を高頻度で投稿している女性をターゲットにしてみると良いでしょう。

ネガティブな投稿をしている

ネガティブな投稿をよくしている女性は、仕事や私生活でストレスが溜まっている可能性が高く、心の隙間を何かで埋めようとしたり、ストレスを発散しようとしている可能性が高いです。

そうした女性は、話を聞いて欲しかったり、セックスによるストレス発散を考えていたりするので、比較的会いやすいです。

また、愚痴をただ黙って聞いておくだけで「信頼できる人」という肩書きが手に入るので、最終的にセックスまでの道が短縮され、愚痴を聞くために定期的に会う約束もしやすいのでセフレにしやすいという特徴もあります。

ポイントは、女性の話を聞いてあげるという点です。アドバイスなどをせずにうんうん頷いていれば、大抵の場合女性側から「いい人」という印象を持ってくれます。

まとめ:ハッピーメールはセフレを作りやすいアプリ

オーガニック

1



























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































ハッピーメールゆきぽよ

ここまで見てきたように、ハッピーメールはセフレ作りに最適なサービスです。

女性を見つけやすく、コスパも良いため、セフレを見つけたい場合にはぜひ一度作ってみると良いでしょう。

まずは以下のボタンをクリックして無料でポイントをもらって、お試しで使ってみましょう!

人気の記事
セフレ作りにおすすめの出会い系サイト10選
セフレ作りにおすすめのマッチングアプリ10選
遊び目的(セフレ)におすすめの出会い系アプリ5選!
AV女優に実際会えた!AV女優と遊べた出会い系アプリ5選
TENGA(テンガ)のおすすめ比較!ニーズ別のおすすめTENGA紹介
セックスを楽しむならこれを買え!目的別おすすめコンドーム紹介
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次