ワクワクメールから女性が急に退会するのはなぜ?リアルな要因や事情を解説

ワクワクメールから女性が急に退会するのはなぜ?リアルな要因や事情を解説

※本ページにはPR(プロモーション)を含みます。

出会い系サービスの中で、出会いを見つけやすく、コスパも良いとして人気のワクワクメールですが、やっとのこと女性とメッセージを始めたのに、急に相手の女性が退会してしまってがっかりすることがあります。

特に、男性は出会いをゲットするためにワクワクメールに課金していることも多く、単なる精神的なダメージだけでなく、費用面でも損をした気持ちになるでしょう。

そこで今回は、急に退会してしまう女性の退会理由や事情、やりとりしていた女性の急な退会への対処法について解説します。

目次

ワクワクメールから女性が急に退会する4つの理由

ワクワクメールから女性が急に退会する4つの理由

ワクワクメールを利用していた女性が、前触れなく突然退会してしまう理由には大きく分けて4つの理由があります。

1つずつ詳しく解説します。

1.恋人・セフレができた

ワクワクメールを利用する理由は、恋人やセフレなどを作りたいからです。それは男女変わりません。ということは、恋人やセフレができてしまい、利用する意味がなくなれば、退会してしまう女性もいるのです。

もちろん、これはワクワクメール内だけの話ではありません。特に女性は基本的にどの出会い系アプリ、マッチングアプリを利用しても利用料が無料であるため、出会いが欲しくなると複数のアプリを同時並行で使う人が多いです。

ワクワクメールだけでなく、他のアプリも含めて恋人やセフレができて、これ以上出会いがいらないとなれば、登録しておくだけで自分の情報がアプリやサイトに掲載され続けることになるため、退会してデータを消したくなるのです。

2.不倫・浮気がバレた

ワクワクメールを利用している女性は、単純に恋人が欲しいだけではなく、浮気相手や遊び相手が欲しいだけという場合も少なくありません。そうした女性が、本命の男性や夫にワクワクメールを使っていることがバレれば、本命の男性と別れるか男遊びを辞めるかのどちらかの選択肢になります。

もちろん、遊びたければワクワクメール等の出会いをゲットするアプリを利用し続けるわけですが、本命の相手を失いたくなければ出会い系アプリから退会する場合がほとんどです。やりとりをしていた相手に挨拶やメッセージを送ってから退会したいと思っていても、それすら許されない場面もあるため、ワクワクメールでやりとりをしていた男性から見れば突然退会したように感じるのでしょう。

3.ワクワクメールのやりとりが面倒になった

いわゆる出会い系アプリやマッチングアプリは、女性は無料であることがほとんどであるため、比較的気軽に利用することができます。しかし、男性は有料であることがほとんどであるため、積極的に女性にアプローチするでしょう。

この”熱量の差”によって、ワクワクメールに限らず出会い系やマッチングアプリから通知がきたり、男性とやりとりするのが面倒になってしまう女性は少なくありません

これを読んでいるあなたも、女性から「登録してからすごい数のメッセージが来て大変」などということを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

メッセージの内容も、きちんとした内容であれば良いでしょうが、テンプレートのような文章や挨拶すらまともにできずに失礼なメッセージが多く届いてしまえば、嫌になってしまうのです。これは1人の男性にはコントロールできない問題ですので、対処は難しいですが、突然退会してしまった女性はこういった可能性もあることを覚えておきましょう。

4.強制退会・利用停止になった

実は非常に多い理由がこちらの、「強制退会 or 利用停止になった」というパターンです。

ワクワクメールは、出会い系の中でも運営歴が長く運営元の監視も強いため、結構な頻度で悪質なユーザーが強制退会や利用停止措置を取られています。

これはもちろんワクワクメール側からも通知はありませんし、女性側から見ても突然退会処理されているため、やりとりをしていた男性から見れば突然女性が退会したという風に見えるのです。

ワクワクメールを強制退会・利用停止を受ける主な原因

ワクワクメールを強制退会・利用停止を受ける主な原因

ワクワクメールで女性が強制退会や利用停止を受ける主な理由にはいくつか挙げられます。突然女性が退会してしまった際、元々女性がこのような利用をしていなかったかを振り返ると、強制退会させられた可能性が高いかどうかがわかるはずです。

1つずつ確認していきます。

第三者になりすます(虚偽の情報)

ワクワクメールの利用には、基本的には身分証明書を提出する必要があり、”本人のみが利用できるはず”です。

しかし、中には友人や兄弟、親の身分証を使って登録したり、全くの他人の情報を使ってアカウントを作成し、ワクワクメールを使用しているケースがあります。

やりとりをしている男性からすれば判別しにくいケースですが、いわゆる業者のアカウントはこのパターンが多く、不正作成・取得したアカウントは見つかり次第すぐに利用停止処分になります。

著作権侵害

ワクワクメール内で著作権や商標権など、他人が権利を持っているものを侵害する行為を行うことも禁止されています。

  • 有名人の画像を悪用してプロフィール画像にする
  • ネットで拾った他人の写真を日記に投稿する
  • 他人の著作物の文章を丸々投稿する

こういったことが違反行為に該当します。権利を持っている人から申し立てや通報が入った場合には利用停止になるので注意が必要です。

わいせつ画像の掲示

ワクワクメールには、Web版の機能としてアダルト掲示板やアダルトな日記機能がありますが、無修正などのわいせつな画像・動画の投稿は利用規約違反になります。

また、いわゆる児童ポルノに関しては規制が厳しいため、児童ポルノ画像や動画を投稿すると強制退会や利用停止処分になります。ちなみに、児童ポルノは成人が保有しているだけで罪になりますので、絶対にやめましょう

個人情報を悪用

他人の個人情報を悪用したり、他人の画像を勝手に使用するなどが見られた場合、個人情報の悪用行為と判断され、違反行為に当たるため、強制退会や利用停止措置が取られます。

また、他人に対して誹謗中傷や名誉毀損行為を行った場合にも同様の判定になるため、注意しましょう。

宣伝・詐欺・マルチ・選挙・宗教への勧誘

ワクワクメールとは違う他のサイトに誘導する、何かしらの商材やマルチ商材への勧誘を行う、選挙や宗教に関する勧誘活動などを行うのは禁止行為になります。

いわゆる業者や詐欺アカウントに対する措置の規定であり、ワクワクメールを悪用していると判断されれば、強制退会処分にされます。あくまでもワクワクメールは異性との出会い目的で利用することが前提となっているため、ここを守るようにしましょう。

ちなみに、不特定多数に個人的な連絡先を早いタイミングから送りまくっていると、何かに誘導している業者なのではないか?と判断され、アカウントが停止される恐れがあるため、注意が必要です。

突然退会してしまう女性ユーザーは、このパターンが多いです。

援助交際等のわりきり行為

ワクワクメールに限らず、出会い系アプリやマッチングアプリでは、割り切り(援助交際)を希望する女性が非常に多くいます。しかし、大抵の場合では隠語などをうまく使って、直接的な援助交際・割り切りを希望していることがわからないようにコミュニケーションをとる工夫がなされています。

理由は、ワクワクメールだけでなく多くのアプリでは、援助交際や割り切り目的でアプリを利用することが禁止された行為になっているためです。

こういった援助交際や割り切りと見られる投稿は、アプリでは削除されたり自動的に伏字になるようになっています。(Web版では一部閲覧できます)

何度も割り切り・援助交際希望と見られる投稿やプロフィール掲載を行うと、強制退会になります。突然退会する女性ユーザーの多くはこのパターンです。

18歳未満の利用・または募集

ワクワクメールをはじめとした出会い系アプリやマッチングアプリは、18歳以上でないと利用することができません。また、18歳だったとしても高校生である場合には利用が不可になっています。

そのため、18歳未満のユーザーが利用していることが発覚した場合には、強制退会処分になります。

また、「⚪️⚪️な人募集」などと、掲示板やプロフィールで18歳未満を対象とした書き込みを行った場合にも、利用規約違反となり、利用停止や強制退会処分となります。

過去に利用停止処分を受けていた

利用規約において、1度利用停止処分や強制退会処分を受けているユーザーが再度利用しようとすることも禁止されています。

一応、他の電話番号を取得して、その電話番号で登録することで新しいアカウントを作ってワクワクメールを利用することは可能です。

ただし、禁止行為になるため、運営に見つかれば停止処分になってしまうので、注意しましょう。

ワクワクメールでの利用停止と強制退会の違い

ワクワクメールの利用規約として、以下の記述がなされています。

第20条(会員資格の停止)
1 弊社は、会員が以下の各号のいずれかに該当する場合、当該会員に事前に通知することなく、かつ、その理由を開示することなく、当該会員による本サービス(弊社コンシェルジュによる対応を含みます)の利用を強制的に制限、又は、無期限に停止させることができるものとします。

ワクワクメール利用規約より

無期限に停止させることができるため、言葉は違いますが、強制退会と利用停止はほぼ同じ意味だと考えて良いでしょう。

処分を解除してアカウント復活は可能?

処分を受けて強制退会や利用停止になってしまった場合、アカウントが復活できれば、女性とのやりとりもまた再開することができますが、そういったことができるのかを見ていきます。

処分を受けたアカウントは復活できない

残念ながら、一度利用停止や強制退会の処分を受けたアカウントを復活させる方法はありません。そして、処分を受けた電話番号で新しくアカウントを作ることも規約上できません。

軽度の利用規約違反の場合には処分の前に、運営会社から警告のメッセージが送られてくることがあるため、無視せずに改善を行えば処分を防ぐことができます。

しかし、いきなり強制退会になった場合には通知なしのため、対処することはできません。

新しい電話番号で別途アカウントを作るなら可能

強制退会や利用停止処分を受けて、どうしてもワクワクメールを再度利用したいという場合には、処分を受けた電話番号とは違う電話番号を取得すれば、新しいアカウントを作ることはできます。

ただし、利用規約上は一度処分を受けた人は登録できないと記載されているため、運営会社に見つかれば再度取得したアカウントが停止されてしまう可能性は高いです。

やりとりをしていた女性の急な退会への対処法

やりとりをしていた女性の急な退会への対処法

さて、ここまでワクワクメールでやりとりをしていた女性が急に退会してしまう理由についてご紹介してきましたが、重要なのは理由よりも対処法でしょう。

そこで、ここからはワクワクメールでやりとりしていた女性が急に退会してしまうことに対する対処法について解説します。

1つずつみていきます。

気にしない

まず、ワクワクメールを利用して強制退会や利用停止になってしまう女性ユーザーの多くは、業者や援助交際希望の女性です。そのため、そういった女性が強制退会になったからといって男性にとって大きな痛手にはなりません。(もちろん、やりとりをしたポイントは消化されてしまっていますが)

男性にとってあまり良い利用目的ではない女性が退会になっているだけのことが多いため、最も有効な対処法は気にしないことです。

他の女子にアプローチする

ワクワクメールは会員数が1,000万人を超える化け物級の出会い系サービスです。そのため、やりとりしていた女性が1人強制退会でいなくなってしまったとしても、他にも多くの女性が登録しています。

落とそうと意気込んでいた女性が大会になってしまったダメージが少しあるかもしれませんが、たくさんの女性がいるため他の女子にアプローチしていけば良いでしょう。

複数の出会い系アプリを利用する

ワクワクメールだけを利用していれば、そこでお目当ての女性が退会になってしまうともう連絡を取ることはできませんが、同じ女性が他の出会い系アプリを利用している場合があるため、複数の出会い系アプリを前もって利用しておくと、スムーズに連絡を取り続けられるでしょう。

また、複数のアプリを利用することで、アプローチできる女性の数を増やすことができます。それだけでも出会いの確率を高めることができるため、3つ程度の出会い系アプリを使い分けておくと良いでしょう。

早めにLINEなどの個人的な連絡先を交換する

女性が突然強制退会になってしまうと、それ以上連絡を取れなくなってしまうため、できるだけ早い段階でLINEなどの個人的な連絡先を交換しておくと良いでしょう。

早めに連絡先を交換し、そちらでやりとりをすることによってポイントの消費を抑えることもできます。

ただし、強制退会になるような女性は多くは業者や援助交際目的であるため、個人の連絡先を交換する価値のある女性ユーザーかは丁寧に見極める必要があります。

まとめ

ワクワクメールで女性が突然退会する理由や、利用規約から強制退会になる行為、女性が突然退会してしまうことに対する対処法について解説しました。

自身が強制退会処分にならないように気をつけつつ、女性の強制退会の場合には焦らずに対応しましょう。

人気の記事
セフレ作りにおすすめの出会い系サイト10選
セフレ作りにおすすめのマッチングアプリ10選
遊び目的(セフレ)におすすめの出会い系アプリ5選!
AV女優に実際会えた!AV女優と遊べた出会い系アプリ5選
TENGA(テンガ)のおすすめ比較!ニーズ別のおすすめTENGA紹介
セックスを楽しむならこれを買え!目的別おすすめコンドーム紹介
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次